iTRADE 奮闘記 by sucar

iTRADEの紹介ブログです

現在自作システムでシストレしながらiTRADE触っている段階から
実トレードに向けて準備中でバーチャルトレードを実施してますが
テスト的に実弾トレードも開始します8/3~

 

iTRADE無料でスタートできます(しばらくお待ちください)
iTRADEは(株)シナジスタに譲渡されました
(株)シナジスタからの連絡待ち中です


クリックいただくと励みになります

にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ


本家ブログはこちら↓
f:id:sucar:20151115183011p:plain

iTRADEと他のシストレツールの比較(3)

iTRADEについて、引き続きネットでググって見つかった、他のシストレツールと比較した一覧表から抜粋

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sucar/20170516/20170516201918.png

システムトレードと自動売買は必ずしも同義語ではないです
システムトレードってルールに従って売買シグナル出せればそれでOKで、注文まで自動でやってくれるわけではないのです
大抵は売買シグナルを翌日朝までに手動で入力してやるというトレードスタイルになるはずです(頑張ればいろいろできるようですが)
iTRADEはクラウドタイプのシストレツールでそのまま自動売買までシームレスに実行できるのが強みになって(kabu.comのAPIを使う)おり、更に実際には注文しないでシミュレーション売買ってのができるらしい
フォワードテストという言葉もよく使われるけど、これは、ストラテジー構築後、日々、一日分のバックテストを継ぎ足していくやつで、これは日足データによるシミュレーションになるので精度が落ちる(例えば利確と損切どっちが先に来るか判断できない)
iTRADEのシミュレーション売買は分足より細かいティックデータでリアルタイムに*1シミュレーションできるみたいなのでそこが強みだと思われます
使いこなすまでが大変そうですが・・・・w
(自分だとせっかちだからシミュレーション売買すっ飛ばしていきなり実弾投入しそうです イップスが治ればですがw)

 

*1:当然ですがバックテストではティックデータは扱えません